PICK UP!

利府梨を買いに行ってきた! 味比べしてみた!

仙台と松島に挟まれた場所に宮城郡利府町はある。利府町と言えば、何を思い浮かべるだろうか。宮城県民1年生の私は、ジャニーズやAKBなどの大物アーティストのコンサートが開催されるスーパーアリーナ一帯の地域を思い浮かべる。なぜなら、そこにしか行ったことがないから。

スーパーアリーナのある宮城県総合運動公園は、ローラーコースターをはじめ、おしりがボンっと浮くハイスピードな滑り台など色んな種類の滑り台がやたらある遊具広場があり、娘たちが大層気に入っている。そのため、利府町と聞くと、「ああ、あの滑り台がいっぱいある公園ね」というイメージしか思い浮かばなかったのだが、実は利府は梨の産地で、利府で採れる梨が総称して「利府梨」と呼ばれていると知ったのは、空気がすっかり秋の気配をまとったころだった。

SNSで見かける利府梨を買い求める人たちは、みな一様に興奮していた。今の時期しか食べられない! 利府でしか買えない! 利府梨の季節を待っていました! そんなウキウキ感が伝わってくる。利府梨の存在を知った数日後にはすっかり感化され、利府梨をどうしても食べてみたくなった。

利府梨のシーズンは、利府街道沿いに直売所がいくつも並ぶらしいという情報を入手し、「早速、買いに行ってみよう」ということになった。

ウキウキで利府梨を買いに出かけたが……

「早く行かないと、直売所閉まっちゃうかもよ!」
週末、お昼ご飯を食べてのんびりしている家族を急き立てて、利府梨を買いに行くために車に乗り込んだ。あの噂の利府梨を手に入れられる日がやってきたのだ、期待感で胸が高鳴る。

利府街道に到着するとすぐに、駐車スペースの中にポツリと立っている小さな小屋と梨の文字が目に入った。
「あ、あそこ!直売所じゃない?」
周囲には他の直売所は見当たらない。利府街道に着いたら、近場に直売所が点々と立ち並んでいる光景をイメージしていたのだが……。ひとまず、この直売所で情報収集しようということになった。しかしこの後、まさかの展開が待っていた。

「あのー、直売所が集まっているようなところってあるんですか?」
私が直売所に駆け寄る姿を見て、笑顔を向けていた店番のおばちゃんは、私のその一言にさっと表情を曇らせた。
「そんなところはない」おばちゃんは、苦笑しながら言った。
(※利府の梨農家さんに聞いたところ、利府街道を松島方面に車を走らせると、実際は直売所が軒を連ねているところがあるとのこと)

「うちで買うつもりで来たんじゃないのね」そんな言葉にならない思いが漏れ聞こえるるようだった。ここで何も買わずに立ち去るのは気まずい雰囲気になり、小心者の私は、ここで何かしら買うことに決めた。

しかし、お目当ての「利府梨と言えば、長十郎」が、ない。

「長十郎は、ないんですか?」
「長十郎は、今日はここには置いてない」あっちの倉庫に置いてあるから、ブツブツ……と怪訝そうなおばちゃん。仕方ないので、長十郎はあきらめて、並んでいる品種の中から選ぶことにする。するとおばちゃんが、味見用にと秋月(あきづき)という品種をひと切れ差し出してくれた。ジューシーで甘い! すると、他の品種がどんな味なのか試してみたくなるのが人のこころと言うもの。
「こっちのは試食は……」と、別の品種を指さして言うと、「他の直売所じゃ、試食なんか出さないよ」とブツブツ文句を言いながらも、渋々試食を出してくれた。(※実際は、どの直売所も試食を出してくれるのが当たり前だということを後から聞いた)

試食をもぐもぐしながら、どの品種を買おうか悩んでいると、他のお客さんがやってきた。
「あれ、長十郎はないの?」
「長十郎はちょっと離れたところにあるんだけど。……。そんなに、長十郎がいいの? そしたら、このお客さんが終わったらね」とおばちゃん。
(え!おばちゃん、長十郎出すんかい!!)と心の中で突っ込んだが、「じゃあ、私も」とは言えない雰囲気で、秋月を購入して、退散した。

「商売っ気のないおばちゃんだったね」
急いで車に乗り込み夫に言うと、夫も苦笑い。せっかく楽しみに出かけてきた利府梨のお買い物だったが、スタート時点でつまづき、もやもやが残る。

神は私を見放さなかった

せっかく利府に来たのだから、なんとしても長十郎を手に入れたい。必死でネット検索すると、利府観光協会が提供している梨園マップを見つけた。しかし、梨園は利府町内の広範囲に点在している。車であちこち回るのは大変だと判断し、利府駅の駐車場に車を置いて、駅周辺の梨園を徒歩で周ることにした。

しかし、この梨園マップ、地図がアバウト過ぎる。アバウトな地図を頼りに住宅街を歩いていくと、宅急便ののぼりがはためいているお宅が見えた。のぼりには、梨のイラスト。間違いない。

到着したのは、利府駅から徒歩6~7分程度の場所にある相澤梨園のお宅。ザ・個人宅なので敷地内に足を踏み入れるのをためらったが、恐る恐る足を進めると、自宅からおばちゃんが出てきてくれた。

「長十郎はありますか?」
「長十郎、今日はないのよー」
その一言に、がっかりする。まさかの、また長十郎がないという事態。
「別のところでも長十郎、今日はないって言われて……」
落胆した私の姿を見て、おばちゃんが口を開いた。
「少し、食べるのに持っていく?」
売り物にはならない加工用の長十郎ならある、と言うのだ。

おばちゃんは倉庫のカゴから大きな梨を3つ袋に入れて、手渡してくれた。
「お金はいらないから。おいしかったら、また買いに来て」

先ほどの直売所でむげな扱いを受けたばかりだったので、おばちゃんの優しさが心に染みた。染みまくった。
「お言葉に甘えます。ありがとうございます!」
何度もおばちゃんに頭を下げて、別れを告げた。そして、「梨を食べきったら、電話で注文してでも買います!」と心の中でハッキリと決めた。

しっかり、看板の写真も撮ってきた

そして、次に訪れた渡辺梨園で無事に長十郎を手に入れて、暖かい気持ちとともに帰路に着いた。

利府梨を食べ比べてみた

左下から時計回りに長十郎、20世紀梨、秋月

自宅に戻り、今回手に入れた3種類の梨を食べ比べてみた。

〇長十郎
実がしっかりとしていた固め。シャキシャキとした食感。さっぱりとした甘さ
〇秋 月
実が柔らかく、ジューシー。とにかく、甘い。とても食べやすい味。
〇20世紀梨
皮が緑がかっているのが特徴。実はややシャキとしている。少し酸味がある甘さ。

左下から時計回りで、秋月、20世紀梨、長十郎

我が家的には家族満場一致で、「秋月が好き」ということになった。品種でこんなに味が違うなんて、他の品種もいろいろ食べ比べしてみたい。

利府梨が買いたくなったら

ゆっか

2018年に夫の転勤で、突然始まった仙台暮らし。せっかく暮らすのであれば、東北を満喫しよう! とあちこちおでかけしています。趣味はゆるキャンプ。火とじっくり対峙する時間が好きだから。

関連記事

  1. 利府沢乙温泉

    仙台から日帰り可能な穴場温泉|沢乙温泉うちみ旅館【宮城・利府】

  2. 仙台から小一時間、地元で人気の日帰り温泉【おおがわら天然温泉いい湯】

  3. 【宮城の伝統行事】400年以上続く良縁祈願の島田飴まつり 2019

  4. マニアも満足!仙台の日帰りローカル温泉 |明日の湯

  5. 春の仙台観光におすすめ!お花見スポット【一目千本桜】|宮城・大河原

  6. スパリゾートハワイアンズ

    スパリゾートハワイアンズを満喫!攻略法&持ち物は?|福島・いわき湯本

  7. 標高600mの秘湯。栗駒山の自然の恵み、源泉かけ流しの湯|新湯温泉くりこま荘の日帰り温泉

  8. 仙台の泉質自慢のスーパー銭湯温泉|とみや湯ったり苑

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. スパリゾートハワイアンズ

おすすめ

  1. マニアも満足!仙台の日帰りローカル温泉 |明日の湯
  2. 秋保佐勘 女子の日帰りひとり旅におすすめ、伝承千年の宿 佐勘【仙台秋保・日帰り温泉】
  3. 亘理町観光で絶対に寄りたいお土産の宝庫【鳥の海ふれあい市場】
  4. 利府梨を買いに行ってきた! 味比べしてみた!

カテゴリー

PAGE TOP